MR.BRAIN(ミスター・ブレイン) 第1話の引き寄せ

MR.BRAIN(ミスター・ブレイン) 第1話の引き寄せのページを説明

記事

MR.BRAIN(ミスター・ブレイン) 第1話の引き寄せ

録画していたMR.BRAINミスター・ブレイン)の第1話をようやく見ました。

第2話が終わった翌日に、第1話ですみません。

MR.BRAIN(ミスター・ブレイン) 第1話.jpeg
↑クリックすると、マップを拡大できます。

引用
  自分で自分のこと捨てるのってよくないでしょ
引用元
    TBS
    MR.BRAIN(ミスター・ブレイン) 第1話

ドラマの中で、自分の靴を自分で捨てるシーンがありました。
そこで印象に残ったのが、この言葉です。


表面的には靴を捨てただけですが、その意味を考えると、自分の靴を捨てることは、自分のことを捨てること、となるのですね。

引用
  嘘をつく
    左脳
      つじつまが合うように
        記憶と照らし合わせながら
        論理的に
          思考を働かせなくてはならない
    右上を見る
引用元
    TBS
    MR.BRAIN(ミスター・ブレイン) 第1話

人間はつじつまが合うように記憶と照らし合わせながら考える時、右上を見る。
これ、私にも覚えがあります。


論理的に考えるのが苦手な自分は、よく仕事中に右上を見ながら考えてました。
嘘をつくのではありませんが、論理的に考えようとすると、どうしても右上を見てしまう癖があります。



左側しか見えないサングラスのようなメガネがでてきましたが、これも引き寄せです。
私も子供の頃、左側しか見えないメガネをしていました。

なぜかといいますと、左眼が全く見えていなかったため、左眼だけで見る訓練をしたんです。
訓練したおかげで、今では左眼も0.7以上の視力まで回復したのですが、訓練前は体をいろいろな所にぶつけたりして、よくケガをしていました。片目が全く見えていなかったのですから、当然ですよね。


「脳力トレーナー」という脳トレソフトの記事
の中で書きました、「前頭前野」という言葉も出てきましたね。
また、脳トレが流行るといいな〜(笑)


MRIがドラマの中で出てきましたが、偶然にも来週に自分もMRI検査を受ける予定です。これも引き寄せの法則ですね。。。

ドラマを見終わった後に知ったのですが、脚本家蒔田光治さんなんですね。蒔田光治さんといえば、私の好きな「TRICK」や、「ブラッディ・マンデイ」といったドラマの脚本家さんです。
 


ゲストの方も含めて出演者が豪華な「MR.BRAIN」ですが、蒔田光治さんの脚本というだけでも、自分には十分見る価値があります。


ドラマの中で木村拓哉さんが使っていたレーザーポインターって売っているんですね!
ちょっと欲しいかも(笑)
 

お読みいただき、ありがとうございました(感謝)


スポンサードリンク


引き寄せ★感謝★勉強日記のTOPへ
Category テレビ
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。