脳力トレーナー 感想マップ

脳力トレーナー 感想マップのページを説明

記事

脳力トレーナー 感想マップ

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」も監修されている川島隆太教授の脳を鍛えるソフトである「脳力トレーナー」についての感想マップを作成しました。

脳力トレーナー.jpeg


脳力トレーナーの好きなトレーニングについて感想を書きます。

単純計算1は、たし算、ひき算、かけ算の3種類を100問解きます。
単純計算2は、単純計算1の計算の種類にわり算が追加されています。

この単純計算は、視線を動かさずに入力ができるため、スムーズにトレーニングをすることができます。
個人的にポイントだと思うのが、正解音が鳴らないことです。

1問正解するごとに「ピンポーン」という効果音が鳴るソフトが多いので、トレーニングを開始した時は「ピンポーン」って鳴ってほしいなと思っていたのですが、慣れてくると効果音が鳴らないと確かに集中力が上がる気がしました。

調べてみると、効果音が鳴らないのは、脳の研究から導き出された結果ということを知り、妙に納得したのを覚えています。

ストループテスト1は、文字と色から判断するトレーニングです。「あお」なら赤色というように、文字自体ではなく、色を答えます。
ストループテスト2は、数字と文字の大きさを判断するトレーニングです。「1」と「5」なら、大きいのは「5」の方というように、大きい数字を答えます。

ストループテストは、とっさに判断を行うため、反射神経も鍛えられている感じがします。

脳力トレーナーの好きなところは、脳についての説明があるところです。

写真と文章で脳の働きと脳力トレーナーの効果、動画で脳の健康法についての説明があり、とても分かりやすいです。
脳のことを知らない初心者にとても良いと感じました。

説明に出てくる「前頭前野」という用語を知った時、面白いと思いました。

右脳と左脳という、大きく分けて2つの分け方で脳を考えていた当時の自分にとって、脳の前の方はまた違う働きがあると知ったからです。

脳って奥深いですね。

トレーニングの記録が充実しているのも、大きなポイントだと思います。

グラフ表示で過去15日分、1年分の記録が保存されるのですが、グラフがとてもキレイで見やすいのです。

個人的には、各トレーニングの合計回数も記録されればもっと良かったな、とは思いますが、記録の保存により、習慣化しやすいソフトなので、回数のことはそれほど気になりません。

私が使っていない機能の中で良いと思ったのは、計算ドリルの印刷機能スケジュール機能です。
小学生のお子さんがいる場合などは、印刷した紙で計算ドリルができるのは便利ですよね。
スケジュール機能は、習慣化しやすい工夫の1つです。

全体的にシンプルで分かりやすく、動作も軽いソフトなので、脳力トレーナーは好きな脳トレソフトの1つです。

2009年9月に「即効脳力トレーナー」というおもちゃが発売予定のようです。画像がまだ無いので、どういうものなのかは分かりませんが、興味があります。

お読みいただき、ありがとうございました(感謝)


スポンサードリンク


引き寄せ★感謝★勉強日記のTOPへ
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。