カテゴリ「脳トレソフト」を追加

カテゴリ「脳トレソフト」を追加のページを説明

記事

カテゴリ「脳トレソフト」を追加

カテゴリに脳トレソフト」を追加しました。

一番最初の記事である「このブログについて」にも追加してあります。
 
「脳トレ」という言葉が流行語として認知され、2006年の新語・流行語大賞トップ10を受賞した。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一時期、脳トレが流行しましたよね。

自分の周りでも電車の中で、ニンテンドーDSを持った大人の方がいらっしゃいました。
子供と一緒に大人も楽しめたってところが良かったと思います。

でも、当時の自分はニンテンドーDSを持っていないので、有名な「脳を鍛える大人のDSトレーニング」なども、持っていません。

今はニンテンドーDSを持っているのですが、脳トレのソフトは持っていません。
私の場合、パソコンのソフトで脳トレをやっているからです。

「脳トレ」という言葉が流行する前、「右脳」という言葉を知った時から、先々月までずっと脳トレを秘かに続けてきました。


脳トレについては、流行に関係なく、単純に好きだからという理由で続けてきました。


今ではすっかり、脳トレのソフトが発売されることは少なくなってきました。続編を待望しているソフトなどもあります。

新ソフトがあまり発売されないのはちょっと寂しいですが、脳トレをやる人が自分一人になってしまったとしても、自分はマイペースで続けているでしょう。


脳科学に興味がある私とって脳トレは、スポーツ選手が行う筋トレと一緒だからです。
自分にとっての脳の基礎訓練といったところでしょうか。

走り高とびなどでは助走が必要ですよね。それは脳も同じということが書いてあったのが、昨日読んだ「脳と気持ちの整理術」という本です。脳トレについても本の中でふれていました。

脳トレで助走をつけて、もっと勉強を効率良くやろうと思ってます。

そこで、脳トレソフトの感想もマップにしてみます。

ちなみに、脳を鍛え続ければ、そのうち超能力でも使えるようになるかな〜と、ちょっと本気で思っていたりします(笑)
お読みいただき、ありがとうございました(感謝)

スポンサードリンク


引き寄せ★感謝★勉強日記のTOPへ
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。