やりたいこと、できること

やりたいこと、できることのページを説明

記事

やりたいこと、できること

私には今、やりたいことが細かいことも含めれば400個以上あります。
でも、1日にできるのは、その中のわずか・・・。
そんな時に、ネットで見つけた記事について、感想を書きます。

また、トラックバックの練習もしてみます。
最低限はトラックバックの勉強を行いましたので、大丈夫のはずです。
(追記:送信失敗です。理由は分かりませんが、眠いので寝ます眠い(睡眠)


全ての引用部分に引用元を明記しておけば、確実に大丈夫だと思いますのでそういたしますが、最後にだけリンク先を明記すればいいのかもしれませんね。
ビジネスにおいては数字の裏付けなども確かに重要だが、ベストな解を探し出すには、論理力だけでは足りない。プラスαとなる直感力を意識すべし――というわけだ。

【引用元】
誠 Biz_ID:達人のクリエイティブ・チョイス:やりたいことはやるな、できることをやれ――“最善”の選び方


論理力+直感力のどちらも必要ということですね。
私の場合、直感力には少し自信があります。直感だけで今まで生きてこれたようなものですから。
でも最近になって、論理力の大切さを知りました。
直感で思いついた良いアイデアがあっても、論理力がないと上手く人に説明できないという経験をしたからです。ですので、「地頭力を鍛える」が、私の課題図書の1つとなっています。


『正解がない』場合には、導き出すロジックも1つとは限らない

【引用元】
誠 Biz_ID:達人のクリエイティブ・チョイス:やりたいことはやるな、できることをやれ――“最善”の選び方

デビッド・アレンさんのGTDなど、いろいろなタスク管理を試してきましたが、今まで自分にピッタリと合うものはありませんでした。それもそのはずです。私はタスク管理に『正解がある』と思っていたのですから。
そこで、タスク管理を自分なりにアレンジしようと思いました。


個人も恥ずかしがらずにアイデアを出す。量を出して、外しながら精度を上げるしかないですね

【引用元】
誠 Biz_ID:達人のクリエイティブ・チョイス:やりたいことはやるな、できることをやれ――“最善”の選び方


ここ最近、ブログに文章を書いていて思いました。
「公開するからには、しっかりとした文章を書かなくては」と。
でも結局、アイデアをたくさん実現させている人というのは、その分たくさんのアイデアを出しているのですよね。文章力も実際に文章をたくさん書いていくうちに上達するということを、改めて考えさせてくださいました。


やりたいことはだいたいずれています。できていることをやったほうがいい。今それしかできないなら、それをやっていればいい。上手にできていることを突き詰めていけば、何となく見えてくるはずです

【引用元】
誠 Biz_ID:達人のクリエイティブ・チョイス:やりたいことはやるな、できることをやれ――“最善”の選び方


私の中の「やりたいこと」というのは、漠然としているものが多すぎます。
そこで最近は「できること」をすることを意識していました。
「今できること」に集中して行動したところ、おぼろげながら、進むべき道が見えてきた気がします。
あとは、自分の中で「できること」を突き詰めていこうと思います。


【引用元】
誠 Biz_ID:達人のクリエイティブ・チョイス:やりたいことはやるな、できることをやれ――“最善”の選び方
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0905/11/news060.html

ちょうど良いタイミングで読んだ記事でした。
私もクリエイティブ・チョイスができるように、自分を鍛えます。

お読みいただき、ありがとうございました(感謝)

スポンサードリンク


引き寄せ★感謝★勉強日記のTOPへ
Category 日記
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。