さなぎ(?)から勉強

さなぎ(?)から勉強のページを説明

記事

さなぎ(?)から勉強

今日、さなぎっぽい虫を見かけました。

たぶん、さなぎではないんでしょうが、
そんなことは気にせず、勉強してみます。


最初はクモの巣に引っかかっていたのかと思いました。

でもどうやら、その虫は自分で木の枝からクモの糸みたいな白い糸を出してぶらさがっているようでした。
糸は細くて、虫本人(?)にしてみれば、大丈夫なのかもしれませんが、こちらとしては糸が切れそうで心配でした。
なぜかといいますと、その虫はすごく「もがいていた」のです。
自分の殻(?)を出たいのか、上に移動したいのか。

しばらく見ていても、虫が何をしたいかが全然分かりませんでした。
殻(?)を出ることも、移動もしません。
ただ「もがいている」というしか表現のしようがありませんでした。

その姿を見ていて、思いました「自分と同じだ」と。
私も今ちょうど人生で「もがいています」。

以前の自分の人生は、流されてばかりでした。
でも、今は自分で自分の人生を切り拓いていこうと、もがいている最中です。


そう思ったら、しばらくその虫に見入ってしまいました。

周りにはチョウが優雅に飛んでいます。

でも、その時の自分には、もがいている虫の方がキレイに感じました。
もがいているその姿、なんともいえない気持ちになりました。
感動したんです。


本当にありふれた日常の些細な出来事ですが、
私にはこの出来事は、自分にとって必然だと感じました。

お読みいただき、ありがとうございました(感謝)

スポンサードリンク


引き寄せ★感謝★勉強日記のTOPへ
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。